顔に出現した憎きシミたち

私の家系は、代々色黒で、小さい時から、日焼けには気を付けるように言われてきました。とにかく、紫外線を吸収しやすいらしく、夏などは、ただ歩いているだけで日焼けをしてしまうのです。

学生の時は、夏休み明けに、「いい色に焼けてるね。海へ行ったの?」と、何人もの友人に言われることが多く、「海なんぞ、行ってないんだけどー。ただ、普通に生活していただけなんだけどー」と、心でむなしく叫んでいました。

日焼けは、シミにつながるからと、母から教育されてきたので、特に、顔は、化粧下地にしっかりと日焼け止めをぬり、暑さを我慢して、帽子を目深にかぶり、完全装備して生活してきたはずなのに・・・

現在、顔を覗くと、両頬にシミが・・・まあ、長年の努力の成果でしょうか、これだけで済んだと思うべきなのでしょうが、それでも、少量のシミが出現しています。

レーザーで除去したいとも思いましたが、除去しても、また出来てしまう・・・と聞いたことがあるので、現在行っている対策は、これ以上シミを増やさないように、日焼け対策を続けることと、できてしまったシミを化粧品で目立たなくするということです。

コンシーラーを利用して、シミにうまくかぶせ、ファンデーションで目立たなくする工夫をしているのですが、朝は良くても、帰宅時には、シミがめだってしまっていることが多く、いろいろな情報を集めています。

顔の憎きシミを目立たなくする、化粧品の情報を募集中です。