息子とトイレトレーニング

子供が幼稚園にあがる前の話です。セノッピーの3ヶ月の口コミ

志望していた幼稚園が入園前にはオムツが外れていないといけなかった為、とても焦っていました。

入園ギリギリまでオムツを履いていた息子。「おトイレしたくなったら、オムツじゃなくてトイレでしようね」と伝えてもどうしてもオムツでしてしまう息子でした。わたしもだんだん叱り方がどうしてもキツくなってしまい、息子も萎縮してしまっていたと思います。

そんなある日、息子が大便を漏らしてしまう事件が起きました。「なにか臭う???」よく見ていなかった私も悪かったのですが、トイレに行こうとしていたのか息子はオムツを履いておらず、気付けばリビングに大便をしてしまった様で息子も怒られると思っていたのか私に言いに来ることもなくただ黙っていました。

気付いた私は息子を叱りつけてしまいました。教えてくれない悲しさと入園前には外さないとという焦りから、気付けば叱りつけながら私は泣いていました。それを見た息子も「ごめんなさい」と大泣き。ハッとした私は息子を抱きしめて「見てなかったママもダメだよねごめんね」と伝えて二人で号泣しました。その事件があってからは、息子が「ママトイレでるよ!」と教えてくれるようになり、二人で一緒にトイレに入ってできるようになりました。

出来た時はたくさん褒めて、トイレがもし出ない時でも「ちゃんと座ってできて偉いね!」と褒めてあげることで息子はルンルンでトイレでするようになりました。

叱りすぎもよくないと反省した私でした。

そして無事に入園前にはオムツを外す事に成功しました。