扱いにくい髪との付き合い方

私の髪は本当に手がかかる。毛量が多くくせ毛であるためだ。そのため、物心ついた時から髪の毛をおろして過ごした記憶はほとんどない。半年に1度のペースで縮毛矯正をしているのだが、髪が多すぎて3時間以上美容院に拘束されるはめになる。
ベルタヘアローションを3ヶ月使った

たいていアシスタントの方が薬を塗ったりアイロンをあてる対応をしてくださるのだが、終わりの見えない作業に苦戦している姿を見ては申し訳ない気持ちになる。扱いづらい髪が少し落ち着くという理由で幼い頃からミディアム~ロングヘアを貫いてきた私であったが、ついに先日勇気を振り絞ってショートヘアに挑戦してみた。

きっかけは見知らぬ美容師さんがショートカットの練習のためのカットモデルを募集しており、興味をもったことであった。ショートヘアにしてもらった直後の感想は頭が軽い、お風呂が楽、最高!といった気持ちでもう一生伸ばすまいと思っていた。

しかし、2週間もすると根本が伸び、縮毛矯正のかかってない地毛の主張が激しくなり、毎朝寝ぐせで髪が爆発するという悲惨な状況に陥ってしまった。想定内である。すべての髪型を試した私が辿り着いた結論としては、もっとも扱いやすい髪の長さは縮毛矯正をした上でのミディアムヘアである。私と同じような髪質の方はぜひ参考にしていただきたい。